レンズはメンテナンスが肝心。しっかりケアしましょう

視力が悪くて眼鏡を使っているけれど、コンタクトレンズに変えるのは少し不安という方も多いのではないでしょうか。

使い捨てのもの以外は、レンズのケアが必要になりますし怠ってしまうと眼病の原因になることもあります。使い捨てタイプなら取り扱いは簡単ですが、その分コストがかかってしまいます。また、乾燥感があるとか、夕方には目が疲れてしまうという話を聞いたことがあるかも知れません。汚れがついていたりゴミが入ったら痛みがあるというのも心配ですよね。しかし、正しい装着方法を守り、眼科で指導を受けて自分に合うものを選べば、これらのデメリットは軽減することが可能です。

まず、外見上のイメージを大きく変えられますし、食事中に湯気による曇りがないとか運動の時に邪魔にならないなどの多くのメリットがあります。さらに、眼鏡よりも広い視界を維持できますし、左右の度数差が大きかったり近視や乱視の度数が強くても矯正が出来るといった視力矯正器具としてのメリットもあるのです。

装着しているうちに、タンパク質や脂肪・カルシウムなど体から分泌されるものや化粧品などの汚れがレンズに付着するので、きちんとケアをすることは大切です。汚れをそのままにしておくと、装着感が悪くなったり、目のトラブルの原因となってしまいます。

ハードタイプやソフトタイプなどの種類によって、ケアの方法は違うので正しいやり方で行ってください。