新しい視力矯正手段の「ICL」を知っていますか?

ICL(眼内コンタクトレンズ)はフェイキックIOLという眼内にレンズを入れて光の屈折を変えて、近視・遠視・乱視を治療する手術で、基本的には強度近視に対応しやすいです。
フェイキックIOLには、虹彩把持型レンズと後房型レンズがあります。
メリットですが、生体適合性に優れているので長期間に渡って透明な状態を維持することが可能です。
加齢などによる白内障などで白内障の手術が必要になる年齢まで入れたままでも問題はありません。
手術前の状態にほぼ戻すことが出来るのもメリットの一つです。
角膜には触らないのでドライアイになることもありません。

EVO+というレンズは夜間のハロやグレアを軽減できるレンズです。

デメリットですが、目の手術になるので手術中の恐怖感が強いという点です。
麻酔をして手術を行うので術中の痛さなどは問題ないものの、まぶしい・目を大きく開かれてつらい等の不快感を避けることは出来ません。
手術費用も角膜の手術に比べると高額なのもデメリットと言えます。

自由診療になるので高額な屈折矯正手術ですから、受けないというのも一つの選択肢です。
治療を行いたいという人は眼科専門医と納得するまでしっかりと話し合い、不安を取り除いた状態で手術を受けるようにしましょう。