失明することも?角膜血管新生を知っていますか

コンタクトレンズを視力矯正の為に日常的に着用している人は多いですが、着用時間が長すぎると目に重大な問題が起きる可能性があります。

長い時間着用する事で起きる障害として角膜血管新生があります。これは長時間レンズが眼球に触れている為に角膜が酸欠状態になる事です。酸欠の状態がひどくなると目が白濁して場合によっては失明するリスクがあります。角膜血管新生が怖いのは失明のリスクがある事もですが、酸欠状態になっていても自覚症状が薄く本人が問題を感じた時にはかなり重症化しているケースが多い事です。


角膜血管新生を防ぐ為には長時間の着用を避ける事が一番効果があります。目安として1日で8時間以内の着用を心がけると良いです。その為に眼鏡で問題ない時は極力眼鏡で対応する事と就寝時には絶対に着用したままにしない事が大切です。また眼精疲労や目の乾燥も角膜血管新生の原因になるので、対策をすると良いです。


レンズ自体の汚れも角膜血管新生の原因になるので、毎回しっかり洗浄し清潔な状態を常に保って着用するべきです。症状を自覚しにくいので、特に問題を感じていなくても定期的に検診を受ける事と何か問題を感じた時には迷わず眼科を受診する事が大切です。